あいどるの強さには到底及ばない

乾いた野原には花を心には永遠を

〜はじめに〜お恥ずかしい話

はい!いつもツイートが長文すぎてうざい(と自分で思う)のでとりあえずついぷろやってないし、自分のこと書こうと思います!!

自分でも覚えておきたいので> ᵕ <


私はこんなにキャーキャー言ってるんですけど、かつん担になるのが遅すぎて後悔してます。


かつんは好きだったけど、ファンになるのが遅かったんです。


まあこれも理由…というか言い訳なんですけど、


私の家は母がジャニーズ好きで、小さい頃からジャニーズカウントダウンで年を越し、月曜はスマスマ、ほとんどのジャニーズ系のテレビは見れるだけ見てました。


私が小さい頃、あの神ドラマ「野ブタ」と「ごくせん」がテレビでやってました。 


私は特に野ブタは毎週欠かさずテレビに食らいついて見てて、何この人、かっこいい、亀梨くんって言うんだ、と当時から目を輝かせてロン毛金髪の彼を追いかけてました。


ちなみにどストライクなポイントが亀演じる修二が前髪をちょんまげ結びしてるシーンでした笑 こんなかわいい髪型あるん?!と母に同じ髪型にしてもらった記憶があります笑



そんなこんなでKAT-TUNがデビュー。 


リアフェはしっかりMステでリアタイ。

 すげえ歌すぎてあの時の私にはインパクト大でした。

いい子ぶってるようなアイドルっていう私の中での概念がガラッと変わったんです。


あの亀梨くんが舌打ちしてる!!!って悪めの彼らにかっこいい!って思ったところもかなりハイフンの血が入ってたんだなあと思う。


で、カートゥンKAT-TUNも見れる限りしっかり見てたし、シングル出すたびにMステ出てたからそれも見てた。 


そのあと小学校で大流行りした嵐、とにかく周りがみんな好きでとりあえず聞かなくちゃ!と5×10を買いそこから永遠にリピ、いつのまにかちびっこの脳みそは嵐しか抱えきれなくなってました。


そんな時に始まったヤマトナデシコ七変化

これは私にまた火をつけたドラマでした。

だってあんなのちっちゃい子には超面白いもん。イケメンばっかだし。 もう毎回しっかり見ましたね、(放送後も野ブタとヤマトナデシコはツタヤで何度も借りてました笑)


あっ亀めっちゃかっこい〜〜っ?!?!やばくない?、えっかっこい〜〜!!!すごい! てごしもわかるけどいや亀かっこい〜!!やばい!!となっていた小学生の私。


で、ヤマトナデシコを見すぎたのでもちろん私の脳にはラブユアセルフが刻み込まれてました笑 CMでやってたPV映像もよーく覚えてます、赤西くんサングラスでびっくりしたんだよね。 これがこの後の再熱へ繋がるとは思いもせず____




そしてここで私の心が高まってる中赤西くんの脱退がありました。

当時の私でも本当に亀梨くんと赤西くんが真ん中にいるっていうのが本当にすごい、かっこいい、っていうのくらいはわかってたのでなんか心にぽっかり穴が開いて

そっか、ラブユアセルフはもう歌えないんだ、って勝手に決めつけて一時期離れてしまいました。 

意図的に離れた、というよりも小学生の私は他のことにも夢中になれたんだと思います。


そしてまた呼びだされました。



ベムです。 はい、ありがとう亀梨くん。


 光とカゲー!って毎週リビングで大熱唱。

妖怪人間の亀梨くんにも萌え萌えでした。

かっこいい。本当にかっこいい。 

そして5人のKAT-TUNでもこんなにいい歌歌うんだ!と気づかされてちょっとダメ夜も見たりして、亀かっこい〜!とにこにこしてました。


で、その後受験でもうジャニーズを数年見れなくって、ふとニュースを見て知った聖の脱退、 なんかもうポカーンとしてました。 

ラップなくなったらリアフェ無理じゃん!って母に駄々こねてたのを覚えてます。

 車のCMのかっこいい亀見れないじゃん!とも多分怒ったと思う(ごめんね)


4人…もういいかな、と思ってきてしまいました。 亀梨くんはいつでもかっこいいし、、、 あ、、カウコン、、4人、、ギミラヴ、、ギミラヴ?!?!?!


そう、ギミラヴとの出会いです。 ジャニーズカウントダウンKAT-TUNいないじゃん!なんで〜!って思ってたら中継!えっなにこの曲かっこいい! 田口くん踊るのうまい歌上手い えっみんなかっこいい、 って初めて思ったんです。


小さい頃はわりと強火亀担でした。

なかなか他のメンバー大好きっていうとこまでいかなかった。でもここでやっと全員の魅力がずーんと心にきたんです。 


KAT-TUNかっこいいなあー!って、でも番組終わっちゃったし、見るものないなあと思ってそんなに燃えなかったんですね、


その数年後私はV6にハマりました。 

お小遣いをもらえる年になり、FCの存在を知り(遅い)入ってみたんです。 

ジャニショ、こんな素晴らしい場所が世の中にあるんだ、イベント、楽しい、本人たちに会えるんだ、と。 


小さい私はテレビにいる人なんて一生会えないものだと思ってました。V6にハマるまで、ジャニーズにハマるっていう方法を知らなかった。 ただテレビだけ見てた。 


お金のかけ方をはじめて理解し、順風満帆なジャニヲタライフを過ごしてました。


そこで大好きなベストアーティストが放送され、KAT-TUN、慌ててお風呂を出て笑 リビングへ。 


そこで彼らは深刻そうな顔をしてました。 

えっ、とこんな顔、こんな空気、もう私もちびっこじゃない、悪いことだなってくらいわかりました。



田口くんの脱退発表です。



なんかもう本人の口から、表情が見える状況で、こういうことが語られるリアルな感じに圧倒されて、ずっと空っぽでした、 

KAT-TUNは好きだったけど当時はV6が1番だった。

そんな私がなんでこんなに田口くんがいなくなるのが寂しいんだろう。

気がついたら涙が出てました。


そこから必死でツイッターで検索の嵐、なんでこうなったのかどうして、ファンの人はどう思ってるのか、もうなにかをとにかく共有したくてずっと夜中までなんで、なんでってグルグルしてました。


でもその月はV6デビュー20周年の月、番組も増え、テレビ出演も増え、追うのが忙しくて、悲しみも時が経つにつれて薄れていってました。


その後、いつものようにV6の写真をジャニショに買いに友人と行ったんです。 その時バチ!!!っと目があったのがKISSKISSKISSの亀梨くんの写真でした。


亀梨くんだいすきだしこの写真頭おかしいくらいかっこいいしほしーーー!! 心がそう叫んでました。 

でもほら、そんなに詳しくないグループの写真買ったらなんか怒られそうじゃん?(誰に) 


そんなチキンな私がずっと写真の前でぼーっとしてたら友人が、 え!正直かつん担っぽいよ? って言ってきたんです笑 風貌がそうだと。 


なんか未だによくわかんないんですけど、ならいっか〜って亀梨くんの写真を3〜4枚ばん!っと買いました。 すばらしいお買い物。


家に帰ってファイルに入れてしばらく眺めてたんですけど、あっれ〜〜〜!!!!亀梨くんの写真しか見れないぞ〜〜(=^~^) あれっ!


もう私の心はKAT-TUNに動いていました(やっと)  KAT-TUNにお金を払いたい、そう思いました(真顔) 


しかしすでに推しているV6は20周年。、露出すごいしコンサートDVD出るし、(予約済み)なんか裏切ってるような気がしてまだファンはやめられない…って気持ちがあり、、


そしてVのDVDが届いたり、番組やったり、なんだかんだ忙しく、好きな人のものをたくさん吸収してすきすき〜(*’ヮ’*)ってなってまたKAT-TUNは頭の端っこの方にいました。


そんな私がガッツーリハマるのはもうちょっと後の話 (おせえよ)


長くなったので後半へ続く!